ぴかぴか(新しい)おすすめ
⇒ジュース1本で動画も音楽もアップロード!ロリポップ

2005年11月19日

オールナイトニッポンのテーマ曲ビタースウィート・サンバ

posted by はに丸
edit  re
Bittersweet Samba(ビタースウィート・サンバ)とは、トランペット奏者で音楽プロデューサーであるハーブ・アルパートによる「ハーブ・アルパート&ザ・ティファナ・ブラス」の1965年のアルバム「Whipped Cream & Other Delights」に収録されている、ジャズ(アメリアッチ?)のインストゥルメンタルで、実際には1分43秒。

作曲 : ソル・レイク (Sol Lake)、演奏 : ハーブ・アルパート&ザ・ティファナ・ブラス (Herb Alpert's Tijuana Brass)。

日本ではラジオの深夜番組「オールナイトニッポン」、「オールナイトニッポンエバーグリーン(ニッポン放送系)のテーマ曲として使われているため、日本人には大変馴染み深い曲であり、この曲は一般に「オールナイトニッポン」のイメージが強く、以前は1部のオープニングと2部のエンディングのみだったが、現在は「オールナイトニッポン」(月曜-土曜25:00-27:00)、「オールナイトニッポンエバーグリーン」(月曜-木曜27:00-29:00、※ニッポン放送のみ日曜28:00-29:00にも放送)のオープニングで使用されている。更に「ナインティナインのオールナイトニッポン」(木曜25:00-27:00、パーソナリティはナインティナイン(岡村隆史、矢部浩之ともに))では話が長い為必ず最後まで流れ、編集で約4分30秒ほどにしている。また、2002年から1年間放送されていたGacktがパーソナリティの「Gacktの@llnightnippon.com」では、オリジナル版は使われず、必ずGacktムードに合わせたアレンジミックスが流れた。また、2002年の秋に「氣志團綾小路“セロニアス”翔のオールナイトニッポン」(この時は「氣志團綾小路“セロニアス”翔の@llnightnippon.com」)でも、一時期、氣志團の名曲「One Night Carnival」とこの曲の一部のパートを被せた曲がテーマ曲として流れたことがあった。パーソナリティの綾小路翔(氣志團)は、これを「BITTERSWEET CARNIVAL」と呼んでいた。

「オールナイトニッポン」以外では、CBCラジオ「週刊第14帝國」で、オープニングで使用されている。

1995年には森進一が出演していた日産自動車・ローレルのCM曲として使われた。

2002年に吉本興業のユニット「Re:Japan」により、オールナイトニッポン35周年記念企画で詩がついた歌謡曲「bittersweet samba〜ニッポンの夜明け前〜」としてカバーされた。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
新着記事
このサイトは管理人の趣味・勉強の為に運営しています。従ってサポートを目的としておらず、全ての情報が最新かつ正しい内容とは限りません。自己責任でお願いします。
はに丸の楽曲は著作権を放棄しておりません。営利目的での無断使用を禁止します。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。