ぴかぴか(新しい)おすすめ
⇒ジュース1本で動画も音楽もアップロード!ロリポップ

2005年10月29日

トラフィックエクスチェンジの意味とは(意味ないと思ってる人へ)

posted by はに丸
edit  re
トラフィックエクスチェンジのサービスを使えば、作ったばかりのブログでもフツーに1日に1000人以上にアクセスしてもらうことができます。それはもうびっくりするくらいに・・・(紹介記事

無料アクセスカウンター無料アクセス解析を使ってみると、面白いほど沢山の人が訪問してくれているのが分かります。

トラフィックエクスチェンジのサービスとは、他サイトを訪問した分だけポイントが貯まり、そのポイントに応じて他の人が自分のページを見てくれるサービスです。

そういう意味では、あくまでこのサービスを使う目的は「自分のページを見てもらう」ことなので、ポイントを貯める為のサーフで他人のページの内容を全てゆっくり見る人は少ないと思います。

ましてや10秒〜30秒の短い時間で相手に興味を持ってもらうわけですので、そういう人を振り向かせるにはちゃんと作戦を考える必要があります。

つまり、その通り過ぎていく人をどう「立ち止まらせる」かが大事になってきます。
どこでも見かける内容、いつ見ても同じ内容だと、せっかく目に止まっても、興味を持って見てくれることはありません。

トラフィックエクスチェンジは意味が無いと考えている人は、つまるところ、そういった努力はおろか発想さえしていないのではないでしょうか?

どこかのサイト(すいません、忘れました)で検証していたのですが、寝てる間も勝手に訪問するオートサーフでも約1割前後のアクセスは、利用者の目に触れられているそうです。少ないですか?(私は十分効果のある数字だと思いました。)マニュアルサーフなら、ほぼ確実に見られます。

というわけで、今回は通り過ぎる客を「常連客」に変える方法について考えていきたいと思います。


■個性を意識したページ構成

@一瞬で目を引くデザイン
 長くて30秒です。その短い間に相手に気づいてもらうには、
 直感的に目を引く内容が大事になってくると思います。
 短くても興味をそそるタイトルや、一瞬で目を引くデザイン、
 コンテンツが充実しているとすぐわかる画面構成など、
 色々方法はありますね。
 まずは、スクロールせずに表示される部分で勝負する必要があります。

Aオリジナル性を持たせる
 同じ物事を考えるにも、人それぞれ捉え方も表現方法も違います。
 ちょっと違う視点で考えたり、違う言葉で表現したりすることは、
 相手にちょっとした驚きと興味を与えることができると思います。

B見る人のことを考える
 動きや音は、相手の気を引くことは出来ますが、
 残念ながらそれらは一般的に嫌われる場合が多々あります。
 Flashを多様したページも、対応していない環境の人にとっては、
 アラート画面が頻繁に出て、とても見づらいことでしょう。
 特に別ウィンドウで広告が出るようなページはやめた方がいいですね。
 見る人に優しい環境を提供しつつ、内容で個性を表現する方が
 いい印象を与えると思います。

C情報の鮮度を保つ
 個性的で目立つページであっても、同じ内容を何度も見ていると
 誰でも飽きます。逆に頻繁に更新をしているページは相手にも
 活気が伝わっていくと思います。内容については頻繁に更新する
 習慣をつけることが大事ですね。情報は鮮度が命です!


■ページ作成の注意点
 1画面で勝負するという意味では、表示されるページに多くの情報を詰め込みたい気持ちはよくわかります。でも、あまり多くを詰め込みすぎると、ページの表示までに時間がかかり、見てもらう機会を逃すことにもなります。
ページが長すぎたり、画像ファイルやバナーの数が多すぎたり、IFRAME(インラインフレーム)などを多用するとレスポンスの悪いページになります。
よく時間内に表示が間に合わないまま、次のページに移ってしまうサイトがありますよね。これだと折角のチャンスすらも手に入れることが出来ません。
そういう意味では、トップページはすっきりした軽いサイトを心がけた方がいいようです。

1日数千アクセス!という必要以上のアクセスアップも、サイト全体のレスポンス低下につながります。せっかくの訪問者が現れた時に『ただいま込み合っております』なんて表示を見せるのは最低ですよね。

アクセスアップの本来の目的を見失わないように注意しましょう。
効果を狙うのであればレスポンスにも意識した方がいいと思います。
数打てば当たる、という単純なものではありません。
あくまでリピータを増やすための最初のきっかけを作るのがこのサービスだと思います。


■ちょっとしたアイデア
 ネットサーフィンをしていると時々こういう機能を設置したページを見かけます。

 ○「お気に入りに追加」ボタン

これはJavascriptを使うのですが、この機能がトラフィックエクスチェンジには結構効果があったります。

例えばもし興味を持ったページがあっても、トラフィックエクスチェンジのサーフ中だと、すぐに次のページに移ってしまうし、実はそのままだとお気に入りに追加することすらできません。
こういった時に、ページ内にこのボタンがあると、相手のお気に入りに追加してもらいやすくなり、リピーターになる確率もぐんとアップします。

実際にはこんな感じです。 



HTMLの記述は以下のとおりです。

<FORM>
<INPUT type="button" class="homepage"
onclick="window.external.addFavorite('http://utauouji2.seesaa.net/','ブログで音楽を流す方法')" value="お気に入りに追加">
</FORM>

URLとサイト名は自分のものに変更して下さいね。これをブログの自由形式に書くか、ホームページに記述すれば使えるはずです。
お試しあれ!


トラフィックエクスチェンジは、うまく使えばかなり効果的に初訪問者を呼び込むことが出来ます。うまく特性を理解して、本当の意味でのアクセスアップに利用して下さいね。


  はーいヾ(´囗`;)ノ
ほとんど引用です。。。

参考サイト様
http://discoverynet.seesaa.net/
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
新着記事
このサイトは管理人の趣味・勉強の為に運営しています。従ってサポートを目的としておらず、全ての情報が最新かつ正しい内容とは限りません。自己責任でお願いします。
はに丸の楽曲は著作権を放棄しておりません。営利目的での無断使用を禁止します。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。